【ワンルームマンション等を事務所で借りた場合の原状回復は?】


 事務所の原状回復は、
 クロスの張り替え、タイルカーペットの交換は、
 すべてテナント負担です。

 (詳細はこちら)
 →賃貸オフィス、貸事務所の原状回復は住居とは違う?!

 
 ただし、
 ワンルームマンション等を事務所として使う場合は、

 ちょっと異なります。

 
実態として居住用の賃貸借と変わらないオフィスビルの賃貸借と原状回復義務

 事務所・店舗の場合、 
 借主の使い方が予想つかないために、
 
 テナント負担で現状回復を行うんですね。

 ところが、
 小さめのマンションを事務所で使う場合、
 通常内装工事もしませんので、
 使い方が予想つく。

 だから、
 東京ルールにのっとった現状回復を
 行うんですね。


 ただし、
 小さい目のマンションがすべてこの通りかというと、
 そうではありません。
 
 異なるケースも当然ありますので、
 ご注意くださいませ。

 


<東京都心で、賃貸オフィス、事務所可マンションをお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

SOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、賃貸事務所を一括検索

事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 
オフィス移転で電話番号を変えたくない方へ:クラウドPBXとは

<オフィス移転のお客様向け無料レポート>
オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法 オフィス移転全解説マニュアル&売上の上がるオフィスの作り方


<開業のお客様向け無料レポート>
低コスト起業法



ワンルームマンション等を事務所で借りた場合の原状回復は?