【賃貸オフィス、貸事務所の原状回復は住居とは違う?!】

賃貸オフィス・貸事務所の原状回復は、
住居とは異なります。

 住居 : 経年劣化、通常損耗は、貸主負担で修復することが一般的

 事務所 : 使用度合いにかかわらず、借主(テナント)側が、
        壁紙の張り替え、タイルカーペットの張り替え、電球の交換等をすべて行う。

 これは、事務所の場合、
 入居者によって、使い方に差があるため、
 判例でも、事務所の場合は、原状回復をテナント側で行うことを認めるものが
 いくつもでています。

 例えば、
 内装壁をたくさん作るテナントさんもいれば、
 室内にトイレを増設する会社さんもあれば、

 はたまたおしゃれにフローリングを敷き詰める会社もあります。

 以上のように、住居と異なり、
 事務所の場合テナントによって内装の状態がさまざまなので、
 
 テナント負担にて原状回復を行うことが一般的です。
 
 ※店舗の場合は特に、そうですよね。


 逆に、マンションの1室を事務所として使う場合、
 内装も特に施さないケースが多いです。

 こういったケースの場合は、
 原状回復を住居にあわせて、
 通常損耗、経年劣化についてはテナント側に請求をしないという
 判例もでています。

 


<東京都心で、賃貸オフィス、事務所可マンションをお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

SOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、賃貸事務所を一括検索

事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 












<オフィス移転のお客様向け無料レポート>
オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法 オフィス移転全解説マニュアル&売上の上がるオフィスの作り方


<開業のお客様向け無料レポート>
低コスト起業法



賃貸オフィス、貸事務所の原状回復は住居とは違う?!