【賃貸住宅紛争防止条例におけるクロスの張り替え】


 賃貸住宅紛争防止条例(東京ルール)の
 一般原則は皆さんもご存じだと思います。

 (1)通常損耗、経年劣化は貸主負担で修繕 
 (2)故意過失、通常の使用を上回る使用による修繕は借主負担

 この場合、
 たとえば、クロスにキズを付けてしまった場合、
 借主負担での原状回復ですよね。

 ここで東京ルールでは、
 2つのポイントを定めています。

 1.クロスの借り換え範囲は、室内全部では無く、1面。

  一か所キズをつけたからといって、
 室内全部のクロス交換をするのではありません。

 また、キズをつけたその個所だけを張り替えるわけでもありません。

 クロスの交換は、キズがついたその一面を張り替えます。

 もし、となりの面もそろえたい場合は、
 貸主負担ということになっています。

 2.クロスの費用負担は経過年数によって減額される

 クロスは、使っていればいずれ交換が必要になる消耗品です。
 ですから、例え借主の責任でキズをつけたり、汚してしまったとしても、
 交換費用をすべて借主が負担するわけではありません。

 経過年数によって、
 減額されます。

 一般的には、
 6年で残存価値10%という減額をすることが多いようです。

 ですから、
 例えば、現状回復でクロスの交換に10万円がかかったとしても、
 6年以上住んでいた場合、
 1万円の負担のみということですね!!

 


<東京都心で、賃貸オフィス、事務所可マンションをお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

SOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、賃貸事務所を一括検索

事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 
オフィス移転で電話番号を変えたくない方へ:クラウドPBXとは

<オフィス移転のお客様向け無料レポート>
オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法 オフィス移転全解説マニュアル&売上の上がるオフィスの作り方


<開業のお客様向け無料レポート>
低コスト起業法



賃貸住宅紛争防止条例におけるクロスの張り替え