【ダミー物件を掲載する業者】

 現在、インターネットが普及し、
 一般の人でも簡単に不動産情報が手にはいる時代になりました。


 このHPを読まれている方のほとんどが、
 何かしらの不動産ポータルサイトを使った事があるのではないでしょうか?
 

 一昔前であるならば、
 お客様が、物件の相場や物件の有無を確認する方法は
 多くありませんでした。

 お客様に知識がない事によるトラブルが
 多かったのですよね。

 相場以上のお金を取られたり、
 物件の有無が確認できないために、無理やりクロージングされたり・・・ 


 では不動産情報が氾濫するようになった現在では
 どのようなトラブルが増えたのでしょうか?

 
 情報が多くあるために、
 ウソの情報、本当の情報、新しい情報、古い情報を
 見分けるのが難しいという声を良く聞きます。


 例えば、新築の賃貸マンションの条件が
 通常ならば礼金2ヶ月、敷金2ヶ月であるはずなのに
 (場合によっては 礼金1、敷金2)

 礼金1ヶ月、敷金1ヶ月と掲載するのです。
 (もしくは、もっと安く)


 現在、不動産屋のビジネスにとって、
 インターネットからの反響はとても重要です。

 
 ですから、ウソの情報を掲載をして、
 お客様の反響を得ようとする会社は1や2ではありません。


 防御策としてお勧めする方法は、

 掲載されている物件が本当にあるのか、
 掲載されている物件に近い条件の物があるのかを

 確認してから、不動産屋に行くのがベストだと思います。


 もちろん悪質ダミーばかりの不動産屋だけではありません。
 古い情報が掲載されたままになっていて、
 お客様を混乱させてしまう事もあります。

 
 情報が氾濫しすぎた事によって
 掘り出し物を探そうと。自ら情報を集めるお客様が
 一番困っているのです。


 沢山の情報サイトから、情報を集め
 良いなと思ったものが、無いのですから。
 どの情報を信じればよいか、わからなくなっているようです。

 
 情報化社会になっても、
 手にはいる情報で正しい判断が出来ないのですから、
 皮肉な状況だと思われます。


 良い物件を探すためには、正しい情報、アドバイスをしてくれる
 懇意の不動産屋を見つけると良いかもしれませんよね。

 


<東京都心で、賃貸オフィス、事務所可マンションをお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

SOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、賃貸事務所を一括検索

事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 












<オフィス移転のお客様向け無料レポート>
オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法 オフィス移転全解説マニュアル&売上の上がるオフィスの作り方


<開業のお客様向け無料レポート>
低コスト起業法



ダミー物件を掲載する業者