【値引き交渉の具体例①】


 値引き交渉と
 いってもいろいろなパターンがあります。

 賃料を下げたいのか
 保証金を減らして欲しいのか
 設備をつけて欲しいのか
 フリーレントをつけて欲しいのか
 等

 賃貸がつかずオーナーが困っていれば
 要望はのんでももらいやすいのですが、
 そういう場合ばかりではありません。


 良い物件の場合は
 オーナーさんも困っておりません。


 リリースされたばかりの物件や
 賃料改定があったばかりの物件も
 賃料の値引き交渉には応じてくれない事がほとんどです。
 
 
 保証金の場合、
 大手会社の物件は、値引きは非常に難しくなります。
 オーナーさんが個人の場合、
 比較的相談に乗ってもら得る事が多いでしょう。

 保証金が、6ヶ月の場合、
 1ヶ月くらいの値引きはしてもらえる可能性はあります。

 2〜4ヶ月の保証金、敷金では
 なかなか応じてもらえません。

 原状回復のために担保しておく金額が
 なくなってしまいますからね。

 


<東京都心で、賃貸オフィス、事務所可マンションをお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

SOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、賃貸事務所を一括検索

事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 












<オフィス移転のお客様向け無料レポート>
オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法 オフィス移転全解説マニュアル&売上の上がるオフィスの作り方


<開業のお客様向け無料レポート>
低コスト起業法



値引き交渉の具体例①