【賃貸の審査ってどういうことするの?】


 賃貸オフィスを借りるときの流れとして、
 
 まず「申し込み」を入れるのですが、

 その後、審査が始まります。

 大抵は、決算書・謄本を提出して、審査を行います。


 賃貸の場合、
 審査といっても、よほどの大手不動産会社が管理しているビルを除けば、
 オーナーがその資料をみて、いい悪いの判断をするだけなんです。

 オーナーが法人の場合は、担当者がその資料を基に、
 稟議書を作成し、

 決済権者に提出し、捺印をもらえれば、終了です。

 ですから、審査といっても、
 そんなにおおげさなものではありません。

 ただし、大手不動産会社が管理している物件では、
 異なります。

 帝国データバンクや、その他の調査機関から、
 信用調査を行い、その結果も取り入れます。

 ある大手不動産会社のビルは、
 帝国データバンクで、50点以上の評点がないと、
 必ず断られます。

 
 また、別の大手不動産会社の商業施設の場合、
 調査会社に依頼して、その代表者の経歴や
 企業の実績を調査させるのだとか。。。

 かなり大きなビルに入居する場合ほど、
 審査は厳しくなります。
 
 まあ、全ては管理会社のやり方次第ということですね。

 


<東京都心で、賃貸オフィス、事務所可マンションをお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

SOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、賃貸事務所を一括検索

事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 












<オフィス移転のお客様向け無料レポート>
オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法 オフィス移転全解説マニュアル&売上の上がるオフィスの作り方


<開業のお客様向け無料レポート>
低コスト起業法



賃貸の審査ってどういうことするの?