【フリーアドレス制とは】

 フリーアドレス制とは、最近、人気のレイアウトのことで、
 固定した自席を作らず、

 複数のスタッフでデスクを共有する方式です。

 またの名をノンテリトリアルオフィスといいます。


 主に、顧客先に常駐して、仕事を行う、SEや普段外出が多い営業社員で
 よく導入されます。

 しかし、最近は無駄なスペース削減につながるので、
 他部門でも積極的に導入する企業が多いようです。

 また、フリーアドレス制以外にも、
 似たような方式として、
 (1)ユニバーサル方式
 (2)アクティビティセッティング方式
 (3)ホテリング方式

 の3つがあります。


 ●ユニバーサル方式とは、

  レイアウトを一切動かさず、人事異動等を人が動くことで解決するものです。
  つまり、固定した席はあるんですね。

  ただ、LANや電話回線、什器の移動は一切行わない方式です。

 
 ●アクティビティセッティング方式とは、
 
  会社の中でもいろいろな部署があるので、
  オフィスフロア内をいくつかに区切り、

  A区画は、集中しやすいようにL型机に、パーテションで囲った席。
  B区画は、普通の方袖机。

  などとしとておき、営業マンは、B区画を使い、

  その他のバックオフィス部門は、A区画を使うなどと区切る方式です。


 ●ホテリング方式とは、

  ホテルのように、使いたい席を社員が予約してから、使う方式です。

  これにより、かなりのスペースを削減することが可能となります。

  ただし、運用のシステム導入が大変だったりもします。

 


<東京都心で、賃貸オフィス、事務所可マンションをお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

SOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、賃貸事務所を一括検索

事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 












<オフィス移転のお客様向け無料レポート>
オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法 オフィス移転全解説マニュアル&売上の上がるオフィスの作り方


<開業のお客様向け無料レポート>
低コスト起業法



フリーアドレス制とは