【マンションを事務所として使うのはどうなの?】

 最近は、マンションで仕事をする方が増えてきたように感じます。

 古いビルを借りるくらいなら、新しい素敵なマンションの方が、
 いいかもしれませんよね!

 
 マンションには、実は3種類のタイプがありますので、
 ここを必ずチェックしてください!





 ①事務所使用可

  このマンションは、事務所使用可能ですので、
 普通に、契約内容も「事務所」として借りられます。
 これだったら、いいのですが、こういうマンションは少ないです。
 少し古めのマンションにありますね。

 古くて、賃貸がつきづらくなると、「事務所もOK!」という募集に切り替えるようです。


 ②SOHO使用可

 このタイプのマンションの場合、契約が「事務所」として
 借りられない可能性があります。「住宅」として借りて、事務所として使うケースですね。
 また、表札も事務所と表記できない可能性もあります。
 物件次第なんですね。

 新築のマンションに多く見られます。ただ、相談が必要なケースが多く、 
 来客が多い仕事だと、断られるケースもあります。



 ③住居のみ可

 このタイプのマンションは、仕事で使うことは一切認められていません。
 これは、他の住民への配慮からですね。
 来客が頻繁にあると、他の住民の方々はやっぱり嫌ですし、
 事務所とてして使うと、汚れやすいんですね。

 ただ、内緒で使ってしまっているところもあるようです。

 できれば、こういうマンションは避けたいところですね。

 


<東京都心で、賃貸オフィス、事務所可マンションをお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

SOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、賃貸事務所を一括検索

事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 
オフィス移転で電話番号を変えたくない方へ:クラウドPBXとは

<オフィス移転のお客様向け無料レポート>
オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法 オフィス移転全解説マニュアル&売上の上がるオフィスの作り方


<開業のお客様向け無料レポート>
低コスト起業法



マンションを事務所として使うのはどうなの?