【レンタルオフィスとサービスオフィスの違い】


 レンタルオフィスが、非常に浸透してきました。
 
 サービス提供業者の数も、
 東京だけで、弊社の調べでは、 「67業者」もあります。

 京都や福岡の業者さんからも 
 お客さんを紹介してほしいというメールが届いております。

 おそらく、日本全体でも、
 100社近くの業者がひしめきあっている状態ではないでしょうか?

 ところで、
 レンタルオフィスには、実は2種類、
 
 「レンタルオフィス」「サービスオフィス」があります。

 ======レンタルオフィス================

 ・ビルを一棟、もしくはワンフロア単位で
 レンタルオフィス業者が借り上げて、スペース貸しを行う。

 ・東京の場合ビルのグレードは、
  築10年〜30年程度。坪単価で15,000円〜20,000円程度のビルを借り上げる。

 ・ビル自体の知名度はあまりない。

 ・受付はいるところといないところがある。
 
 ・共用の会議室があるところがほとんど。
  


======サービスオフィス====================

 ・著名なビルのワンフロアを借り上げて、間仕切りを行い、
  個別に貸していく。

 ・坪単価で、30,000円〜40,000円程度のビルに多い。

 ・受け付けは英語ができるスタッフがたいていいる。

 ・賃料以外に、電話回線1回線ひくごとに料金が発生したり、
  その他ファシリティの値段がかかることが多く、割高。

 ・共用の会議室は必ずある。
 

 一番大きな違いは、ビルのグレードです。

 レンタルオフィスの中でも、
 サービスオフィスはその名の通り、サービスが充実しています。

 受け付けが簡単な作業までこなしてくれるところもあり、
 英語対応のスタッフが常駐していますので。

 その代わりに賃料は非常に高い設定になります。

 


<東京都心で、賃貸オフィス、事務所可マンションをお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

SOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、賃貸事務所を一括検索

事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 
オフィス移転で電話番号を変えたくない方へ:クラウドPBXとは

<オフィス移転のお客様向け無料レポート>
オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法 オフィス移転全解説マニュアル&売上の上がるオフィスの作り方


<開業のお客様向け無料レポート>
低コスト起業法



レンタルオフィスとサービスオフィスの違い