【光ファイバーがMDFまできてるってどういうこと?】

 MDFとは、主配電盤ともいい、
 
 家庭や企業からの電話回線を交換機に接続するNTT収容局内の装置のことです。

 雨にさらされないように箱に入れられ、1階の管理人室や、駐車場などに
 設置されています。

 ここまで光ファイバーが来ているということは、

 NTTで言うと、「Bフレッツのマンションタイプ」用装置が
 MDF内に設置済みということになります。

 あとは、各部屋で工事をすれば、
 光回線でインターネットができます。

 もし、MDFまでも光ファイバーが来ていない場合は、
 「マンションタイプ」よりも上位の
 「ハイパーファミリータイプ」「ベーシックタイプ」「ビジネスタイプ」などに申し込み
 光ファイバーを直接部屋まで引き込む必要があります。
 

 その場合、オーナーの許可が必要なのですが、
 もし、マンションなどの区分所有建物だった場合、
 
 管理組合の許可が必要になり、光ファイバーが使えるようになるまで
 かなりの時間がかかります。

 また、当然管理組合で否決されれば、
 光ファイバーは使えません。

 ちなみに、MDFから各部屋までの工事費用は
 NTTが負担してくれます。

 


<東京都心で、賃貸オフィス、事務所可マンションをお探しの方はこちらから>
物件検索サイト

SOHOオフィスナビ

オススメのSOHOオフィス事務所可マンションレンタルオフィスデザイナーズ、リノベーション物件、賃貸事務所を一括検索

事務所探しを依頼する

事務所探しを依頼する

プロのオフィスコンサルタントに希望条件に合う物件を提案してもらう

 
オフィス移転で電話番号を変えたくない方へ:クラウドPBXとは

<オフィス移転のお客様向け無料レポート>
オフィス移転こそコスト削減のチャンス!コストを削減する10の方法 オフィス移転全解説マニュアル&売上の上がるオフィスの作り方


<開業のお客様向け無料レポート>
低コスト起業法



光ファイバーがMDFまできてるってどういうこと?